ネットでお店を開くときにおすすめのオンライン決済サービス

ECサイトや実店舗での事前支払いで、クレジットカード決済やコンビニ払いなど様々な決済方法を一括で管理できるオンライン決済システム。決済業務の効率化だけでなく、幅広い決済方法に対応することでターゲット層を広げ販路の拡大にも役立ちます。今回は6つのオンライン決済システムをご紹介します。

目次

オンライン決済システムとは?

オンライン決済システムとは、インターネット上で決済が完了できるシステムのことで、ECサイトをはじめ、個人で活動するクリエイター、小規模飲食店といった実店舗での事前決済などにも利用されています。

主決済方法はクレジットカード決済、口座振込み、コンビニ払い、電子マネー決済、キャリア決済などが主流です。幅広い決済方法に対応することにより利用者の利便性がアップし、販路拡大も期待することができます。オンライン決済システムを使えば様々な決済をまとめられて、入金を一元管理できるので、決済業務の負担軽減や効率化します。

オンライン決済システムを導入することによるメリット

オンライン決済システムを導入することで期待できるメリットは、以下の3つです。

(1)便利さと売上アップに期待

オンライン決済システムでは、個別にやりとりをする必要がなくオンライン上で決済が完結できて、複数の決済方法からより支払いやすい手段を利用者自身が選べるので、利用者の利便性がアップします。手続きがスムーズになることで購買へのハードルを下げ、売上アップも期待できます。

(2)未回収のリスクや不正取引のリスクを低減

サービスを提供する側にとって代金の未払いや不正取引は大きなリスクとなりますが、オンライン決済システムでは、システムが提供する精度の高いセキュリティによって安全性の高い取引が可能となります。

また、万が一不正取引が発生した場合も、システム側が被害を負担・保証してくれるサービスも存在します。

(3)運用負担軽減や業務効率化

利用者の利便性を高めるため複数の決済方法を採用した場合でも、オンライン決済システムを利用すればひとつのシステムで一元管理できるので運用負荷が軽減できます。入金サイクルもひとつにまとめられて、売上金の集計や経理処理などの業務効率化が可能となります。

オンライン決済システムのタイプ

こちらも3つに分かれます。

(1)実店舗+オンラインを併用する場合

実店舗で使える専用端末を用意しているサービスも多数あるので、飲食店のデリバリーなどの事前決済や小売店が新たにECサイトで販路拡大する場合などで、対面決済とオンライン決済のシステムを統一することが可能となります。飲食店などの実店舗では、少額利用時に使いやすい電子マネーなどに対応していると、利用者の利便性が高まり、購買促進にも繋がります。

(2)オンラインのみ(ECサイトなど)で運用する場合

ECサイトでの物販や、チケット、セミナー販売などに特化したオンライン決済システムは、APIやメールで決済用URLを送信するメールリンク、専用トークンなど自社サイトの運営に合わせて柔軟に設置できるものが充実しています。サブスクリプションなどにも対応でき、顧客管理もスムーズです。

(3)Webサービスやアプリを運営する場合

ネットワーク経由でソフトウェア機能を提供したり、各種アプリなどのサブスクリプション管理に適したオンライン決済システムなどもあります。定額課金(サブスクリプション)の利用中にプランを変更した際の料金計算や、日割り計算などにもシステムが自動対応し、柔軟な決済設定や請求処理が可能です。

オンライン決済システムを比較する際のポイント

都度課金、継続課金などの課金方式

課金方式には都度課金と継続課金(サブスクリプション)があり、継続課金に対応しているシステムなら定期的な支払いを自動化することができます。たとえばスポーツクラブなどのスクールや、オンラインサロン、Webサービスやアプリなど、サブスクリプションサービスの提供や定期購入などがある場合に、利用者は都度支払いの手続きをする必要がないため、店舗側も業務を効率化できます。

決済方法の種類

ECサイト上の決済ではクレジットカードを利用する人が多数を占めているため、クレジットカード決済はほぼ必須と言えます。それに加えて、デビットカード決済やオンライン電子マネー決済、QRコード決済、キャリア決済、コンビニ決済など多様な決済手段が存在する中で、幅広い決済方法に対応していると利用者の利便性が高まり購買意欲アップにも繋がります。

利用者のニーズに合わせた決済手段を採用することで売上を効率的なアップが期待できます。

決済後の経理業務を効率化する機能の有無

請求書・納品書を作成・発行する機能を備えたオンライン決済システムもあります。決済された取引の事務処理作業を自動化できるので、面倒な請求書の管理や入金確認作業を効率化して、管理者の負担を軽減することができます。連携可能なECカートは選べる?

連携可能なECカートは選べる?

現在使用しているECサイトのサービスとスムーズに連携できのかという部分もも大事です。既存のサイトに簡単に組み込めるシステムがほとんどですが、カード決済のパッケージプランなどのサービスもあるので、ECサイトを新たに開業するときなどは、そういったサービスのあるオンライン決済システムを選ぶのも選択肢の一つです。

決済手数料や入金サイクルの確認

ほとんどのサービスは初期費用・月額費用無料で導入可能です。決済手数料は3.6%~が平均的な相場ですが、カード会社や決済方法によって決済手数料は大きく異なりますので、利用者の多い決済方法や、頻度、決済の金額などに合わせてシステムを選べば、コスト削減に繋がりやすくなります。

また、事業のスタイルに合わせた入金サイクルを選ぶことも重要です。入金は決済成立の翌月・翌々月払いが多いですが、システムによっては即日入金・最短3日で口座引き出しができるサービスや、月2回締めが設定できるオプションなどもあるため、資金繰りに大きく影響します。

これらのポイントを踏まえながら、オンライン決済システムをご紹介します。

主要オンライン決済システム

Square

Squareのアカウントで実店舗とオンラインショップの情報を一元管理できる決済システム。専用のPOSレジを通して、実店舗とオンラインショップの商品情報が自動で同期されるため商品管理や注文管理の手間が省ける。
また、ウェブサイト作成機能を使えば、初心者でも簡単にウェブサイトを商品のイメージに合わせてデザインすることができ、オンラインショップの開設・管理も容易に。InstagramやFacebookなどのSNSを活用した販売もサポートする。

料金:月額費用・初期費用 なし
決済手数料 3.25%〜

【カードリーダー実質無料キャンペーン中!】新規でSquareをご利用の方は今だけキャッシュバックでお得に!
月額固定費なし、決済手数料3.25%からのクレジットカード決済を。

楽天ペイ(楽天ペイメント株式会社)

QRコードを使用した実店舗向け決済サービスと、ECサイト向けのオンライン決済サービスに対応。楽天以外のECサイトで、利用者が楽天IDとパスワードを使って決済できる。楽天IDに登録しているクレジットカードでの決済のほか、楽天ポイントを使った決済も行え、さらに楽天ポイント獲得もできるので、楽天IDを持っている利用者にとっての利便性が高い。

料金:月額費用・初期費用 なし
決済手数料 デジタルコンテンツ以外4.0%、デジタルコンテンツ8.0%~

楽天ペイ

STORES

オンライン上で請求書(決済用のWebページ)を作成・送信できるオンライン決済システム。請求書を送信すると利用者のメールアドレス宛に決済用のURLが送られ、利用者はWebページから決済を完了させる。ひとつの請求書から自動的に多言語に対応したWebページも作成可能。店舗側も利用者もアプリなしでPCやスマートフォン、タブレットのWebブラウザ上で決済を完結できるのも魅力。

料金:月額費用 ・初期費用 なし
決済手数料 3.24%〜

STORES 決済 (旧:Coiney)|キャンペーン中

BASE

料金:月額費用・初期費用 なし
決済手数料 3.6%+40円、サービス利用料(各注文ごとに)3%

無料ショップ開設なら【BASE】

Stripe

Stripeソフトウェアと高機能のAPIを使用した支払い受付け・入金システムでオンラインビジネスを管理するインターネット向けの決済インフラ。Stripe製品として対面販売や定期支払、ソフトウェアプラットフォーム、マーケットプレイスのための決済インフラも揃っており、ビジネススタイルに合った決済システムを選択・連携できる。請求書の送付や仮想カード・物理カードの発行、資金調達、支出管理などビジネスサポートも充実。

料金:月額費用・初期費用 なし
決済手数料3.6%(決済成立ごと)

Stripe

shopify

料金:初期費用 なし 月額3,200円〜
決済手数料:3.15%〜3.9%

Shopify 公式

Shopifyのストアフロントを構築するエンジニアのオンラインスクール

HTML/CSSなどWeb制作に必要な知識はもちろん、Shopify独自言語のLiquid、テンプレートデザインをカスタマイズするJSONを使ったSchemaについて教えてもらえます。

カラーミーショップ

ネットショップを始めるなら、ショッピングカートASPサービスの【カラーミーショップ】で決まりです。
カラーミーショップ】を提供しているのは、国内最大級の個人向けホスティングサービス「ロリポップ!レンタルサーバー」で有名なGMOペパボ。

ご利用店舗数国内No.1の「60,000店」を超えていることが、ショップオーナー様からの安心と信頼の実績を物語っています。
『無料お試し期間が30日』もあるのは、初めてネットショップをする方にはとっても嬉しいサービスです。利用するかどうかはお試し期間中にじっくり検討できるので、初心者には安心です。
更に、ディスク容量アッププランも用意されているので、将来、本格的にネットショップを運営する場合でも、十分対応できるところが嬉しいです。

料金:初期費用 なし 月額0円~7.945円〜
決済手数料:3.45%〜6.6%

カラーミーショップ

まとめ

オンライン決済システムは、利用者の利便性向上による売上アップや、従業員の決済業務の負担軽減に大きく役立ちます。現在実店舗を持っていて事前決済を取り入れたい場合や、新たにECサイトの開設を予定しているなら、オンライン決済システムの導入を検討してみましょう。実店舗と連携できるサービスやサブスクリプションに特化したサービスなど、様々な事業形態に適応したシステムが揃っています。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次